東京農大発(株)全国土の会は大学発のベンチャー企業です

お知らせ

会社からのお知らせ

新年度のご挨拶(2020年)

年度末から年度初めにかけて、世界中が新型コロナウイルスの脅威にさらされています。一刻も早い収束を願うばかりです。 さて、農家のための土と肥料の研究会「全国土の会」と「土壌診断分析研究会」の事務局を主な業務として、2015 …

「全国土の会」の後藤会長がラジオ出演(KBS京都ラジオ)しました。

2020年3月18日午前7時15分より約10分間、全国土の会後藤会長が、KBS京都ラジオの電話取材を受けました。インタビュー内容は、「野菜畑の土がメタボになっている。それを解消する決め手のひとつが、生ごみリサイクル」とい …

2020年 新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。 40年間勤めた東京農業大学を定年退職した翌日の2015年(平成27年)4月1日に東京農業大学発のベンチャー企業として立ち上げました「東京農大発(株)全国土の会」がほぼ5年が経過しま …

「みどりくんプロジェクト」がグッドデザイン賞を受賞しました。

東京農業大学・じゅんかんチャレンジ桜丘・キヤノン電子(株)との合同で応募した「都会完結型生ごみリサイクルシステム(みどりくんプロジェクト)」が、2019年度のグッドデザイン賞に選ばれました。

「第8回土壌診断分析研究会」が浜松で開催されました。

2019年7月17日、浜松市のJAとぴあ浜松本店会議室で、「第8回土壌診断分析研究会」が開催された。参加者は80名、手合わせ分析(土壌化学性)に参加した土壌診断室はこれまで最多の30であった。また、今回から土壌生物性(セ …

「土づくりコンソーシアム」設立総会及び記念講演会が開催されました。

農地土壌に係るデータの収集・蓄積・利用の場を構築し、もって科学的データに基づく土づくりの導入とその効果的な普及を目的として、趣旨に賛同する土づくりに関わる関係者が結集して「土づくりコンソーシアム」が設立されることになりま …

生ごみ肥料「みどりくん」のページを整備しました。

トップページ直結の『生ごみ肥料「みどりくん」のページ』を整備しました。 トップページ右側、あるいはこの下の   をクリックして下さい。     平成28年度農水省の生産資材コスト低減技術確立 …

「全国土の会30周年記念誌」を販売します。

2018年11月10日に、東京農業大学で「全国土の会30周年記念大会」を開催しました。その記念として、全国土の会30周年記念誌「土と施肥の基礎知識」を刊行し、参加者に大会資料と共に配付しました。残部が100部ほどあります …

「転炉スラグシンポジウム」が弘前市で開催されました。

11月13日(火)、青森県弘前市で、(地独)青森県産業技術センタ-農林総合研究所主催によるシンポジウム「転炉スラグの活用”その魅力と威力”~野菜類土壌病害対策として~」が開催されました。参加者は、生産者・生産者団体・県市 …

肥料取締法に新規公定規格「食品残さ加工肥料」が設定されます。

横浜市では平成6年度より、ごみの減量化と資源化のための一環として、事業系生ごみの堆肥化実験を行い、その有効利用を図るための研究を東京農業大学土壌学研究室に依頼してきました。これが、東京農業大学発生ごみ肥料「みどりくん」誕 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 東京農大発(株)全国土の会 All Rights Reserved.